スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ますます拡がる!! 正義の暴力

2007年08月31日
暴力的ゲーム遊ぶだけで1年の禁固刑


■もちろんかなり許せないことだけどまだ規制されてなかったらしい。 もう既に規制されたと思っていたけど
 
 2月22日
EU、ゲーム規制強化の統一基準作成へ



性犯罪に「去勢」措置も 仏大統領が性犯罪防止策
2007年8月21日(火)08:14

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20070821dde007030072000c.html

 ■ますます世界中で、正義の名の下に安易な犯罪者への厳罰化が拡がろうとしている。

 日本に限らず、世界で正義の名の暴力が拡がろうとしている。
やはり世界崩壊するしかなさそうだね。 21世紀は!!!!

まったくドイツは、暴力ゲームを規制してそのゲームを販売したり、開発したり、更には個人的に暴力ゲームを楽しんだだけで 牢屋行きにしようなんて 物凄い 権力の暴力でしかない。 

 ■また、そのドイツの厳しい規制をヨーロッパ全土で広げようとしている。

 僕は、こういう政府らには、本当に心の底から 憎しみと怨念!!!!!!を感じずには、いられない。

 暴力ゲームをなくすのなら、現実世界での暴力がなくなってからやるべきである。
 とは言っても、法律で規制することには、大反対だ。

 僕は、MANHUNTなどの暴力ゲームが嫌いということに対しては、偽善呼ばわりするつもりはない。 人には好みがあるから
 暴力シーンが大好きな僕でもMANHUNTnoナイフのレベル3で敵の両目を突き刺すシーンは、嫌いである。
 クビ切断シーンは大好きでも目をつぶす表現は僕でも嫌いである。
とは言っても、目をつぶすシーンを法律で規制することには、大反対だ。
 なぜなら、法律で規制するということは、権力によって人に手錠をかけて、牢屋にぶち込むからだ!!! 実際に人を刺してもないのに残酷な描写だからといって、それを描いたからといって、安易に人を牢屋にぶち込むべきではない!!!!
 ドイツは、暴力ゲームへの規制が厳しいから 既に ドイツには表現の自由がない。とはっきりと断言する。
 

 ■フランスのサルコジも思い上がりの凄い狂信的な正義感である。
 
 ◇近年、日本でも犯罪者への厳罰化が叫ばれる!!
 犯罪者に人権はないとまで言われている。

 僕も完全な死刑廃止論者ではないけど

近年の厳罰化を叫ぶ、 勇者国民の声は、あまりにも安易すぎる!!!
 
 特に日本に限らず、世界中で 性犯罪者に対する 世間体の目はあまりにも冷たい。

 近年では、性犯罪者への厳罰化を求める声が多い。

しかし性犯罪といってもいろいろある。
 まずは、見知らぬ女に暴力をふるって無理やり力ずくで、犯すレイプなどもあれば、力ずくで無理やり犯すわけでもない年齢が18歳未満というだけで、エロ画像を同意で撮らせてもらっても今では、児童ポルノ法などにより撮影者は逮捕されてしまう。

 また、都道府県の青少年条例淫行処罰規定(通称 淫行条例)などにより、18歳未満の少女と同意でエッチしただけで、成人の方は、「少女にわいせつな行為をした」だの「少女にみだらな行為をした。」とレッテルを貼られて、実名報道されてしまう。

 昔は、性犯罪ではなかった行為本来は性犯罪として処罰すべきでないことまでも 度重なる法律の改悪により、今では 性犯罪として刑法で処罰されるようになっただけの性犯罪もある。
  
 だから安易に性犯罪者だからと言って、全員をたたくべきではない。

性犯罪者として逮捕された人ではなく そんな悪法をつくった政府の方が批判されるべきという場合も少なくない!!

 サルコジ大統領は、大統領選において幼児性愛者などについて「生まれつきの性癖。(10代の自殺者も)生来の悲観性から自滅しやすい」などと発言したとも伝えられているが、“生まれつき”という言葉には“矯正不能”といった含意が感じられる。
 ここまで来ると、これは一種の偏見同性愛者などへの批判と同類である。

性的嗜好(指向)をあげつらうのは、為政者が示すべき冷静な思考とはほど遠く、情緒的な反応でしかない。

 また、性的嗜好で人格を判断すべきではない!!!!
ロリコンもただの人の好みである。 好みだけで人を悪者呼ばわりすることこそ、いじめである。 もちろん襲ったりはいけないけど
 だいたい昔は、18歳未満との性行為が合法的に出来る時代で、10代と性行為をしてもなんら処罰されなかったのに、ここ数十年の間で進んだ安易な罰則範囲の拡大などによって今では性犯罪扱いされるようになっただけでもあるし

 また今の時代は、小学生はもちろん 中高生がすきでも ロリコン呼ばわりされてしまう。 さらにもっと嫌な場合は、ペド呼ばわりまでされてしまうことがある。
 中高生が好きなだけで、こいつは脳に異常があると言うのであれば、それこそ偏見以外の呼ばわりでしかない。

 またサルコジは、自国の経済人から1週間3万ドルもかかる別荘に2週間も招待されてバカンスを楽しんだそうだが、これが本当ならば、政治倫理が問われるどころの話ではない。
http://www.excite.co.jp/News/world/20070820094200/20070820E30.010.html
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/77979/

 そんな大統領が安易に厳罰化を叫ぶことは、厳罰化が政治の道具であることをかえって浮き彫りにしている。

 なんだかサルコジも日本の石原慎太郎に似通った部分がかなりあると思わされてしまう。

 早速このサルコジの性犯罪者への厳罰化に対して、 mixi2ちゃんねるの勇者国民どもも、 高評価していやがる!!!!
  
 彼らの言い分は
性犯罪者に人権はない。 日本は刑が軽い。 性犯罪者は、去勢すべきだ。 日本も見習うべきだ。 
 他にもまだまだ言いたい放題言っていた。

 恐ろしい人たちだね。背筋の凍る連中である。
 
 長崎で2003年7月に発生した4歳男児の誘拐殺害事件では、鴻池祥肇防災相(当時)が、「親を市中引き回しの上、打ち首にすればいい」と発言するなど、この日本にもサルコジ大統領と親友になれそうな政治屋は少なくないが、このような政治屋の本質を見抜く目を持った有権者や少数派の頭の切れる人間が今の世の中には必要である。

 しかし日本の自民信者(怨)といい フランスの安易な 厳罰主義の勇者国民といい 日本人もフランス人も捨てたものだね。
 フランス国民もこんなサルコジなんか勝たせやがって!!!!

 もちろんその他の欧米人もやはり世界中で正義のいじめがこのまま拡大するようなら、日本も欧米もアメリカも ドラゴンヘッドみたいに崩壊するしかなさそうだね。

 僕は、もう最近の日本や白人の 勇者国民には、 失望しているので、 こんな安易な厳罰主義者 さらに拷問刑まで復活させろとかほざく勇者国民どもなんか 地震に巻き込まれて 死んで欲しいと願っている。

 こんな守る価値のない正義のいじめ主義者どもは、地震に巻き込まれて死んでくれたらかなりいい気味なんだけどね。
 僕は、そいつらの死体の山を上から見下ろしてやりたい。

 僕が、死んで霊になってからでも構わない。
しかしなんで日本に限らず欧米もここまで、狂っているんだ!!!!
nikusimi.jpg
憎しみ

 フランスといい ドイツといい 日本といい アメリカといい 北朝鮮や中国みたいになってきていることを実感してしまう。
 安易な厳罰化が進み、自由も奪われていく一方だ。
昔は、合法だったことも安易な法律の改悪により、簡単に人を牢屋にぶち込むことが出来るようにするなど、欧米の権力の暴力も北朝鮮や中国と無縁とはとても思えない。 
 幸いこれらの先進国には、まだ残酷刑などは復活してないことは、せめてもの救いではあるにしても    
 
 

 
 
 
2007/09/15 02:17虐めページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。