スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫行条例の犠牲者 佐賀県

女性教諭逮捕:元教え子の高校生と関係 佐賀・容疑認める
 男子高校生(16)と性行為をしたとして、佐賀県警武雄署は27日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、同県実住所、佐賀市立中学教諭、実名容疑者(4×)を逮捕した。

 調べでは、実名容疑者は25日から26日夕までの間、同県唐津市内のホテルで、18歳未満と知りながら佐賀市内の私立高の男子生徒と性行為をした疑い。実名容疑者は音楽教諭で、男子生徒は元教え子だった。

 同署が26日午後5時ごろ、同県武雄市内で2人が乗った乗用車を交通検問で停止させて職務質問したところ、実名容疑者の家族から家出人捜索願いが出ていたため事情聴取し、発覚した。実名容疑者は容疑を認め、今年3月からこの生徒と関係を持ち、「(逮捕の)数日前から一緒に過ごしていた」と供述しているという。

 佐賀市教委によると、実名容疑者は体調が悪いとして、20日午後から年休を取っていた。市教委は「警察から連絡があり、驚いた。熱心な先生と聞いている」と話している。【姜弘修】

英文を読む
毎日新聞 2007年9月28日 10時54分


 ■さてこのニュースについては、相変わらず 犯罪者叩きが大好きな勇者国民どもは、 この女性教師を わいせつな教師だとして 叩くであろう。

 しかし僕から言わせてもらえれば この女性教師は 淫行条例の犠牲者だと断言する。

 <市教委は「警察から連絡があり、驚いた。熱心な先生と聞いている」と話している。【姜弘修】
 ■別に熱心な先生だからと言って、生徒と同意の上で 性行為しただけで みだらな行為だとか わいせつな行為をしただとか 言い草を つけられて わいせつのレッテルを貼る必要はないのだが


 <調べでは、実名容疑者は25日から26日夕までの間、同県唐津市内のホテルで、18歳未満と知りながら佐賀市内の私立高の男子生徒と性行為をした疑い。実名容疑者は音楽教諭で、男子生徒は元教え子だった。

 ■僕はこういう 18歳未満だと知りながらの類の報道を 聞くたびに 18歳未満? じゅうはっさいみまん? 馬鹿の一つ覚えか? と思ってしまう。

 そもそも16歳と性行為しただけで わいせつな行為をしただの レッテルを貼る 淫行条例は欠陥法だと分からないのだろうか?

 淫行条例も 人をわいせつのレッテルを貼って いじめるための悪法にしか見えない。
  やはり 政府や 勇者国民「世間体」 は常に 悪者を欲しがっているね


 <同署が26日午後5時ごろ、同県武雄市内で2人が乗った乗用車を交通検問で停止させて職務質問したところ、実名容疑者の家族から家出人捜索願いが出ていたため事情聴取し、発覚した。実名容疑者は容疑を認め、今年3月からこの生徒と関係を持ち、「(逮捕の)数日前から一緒に過ごしていた」と供述しているという。

 ■別の意味で被害者の 男子高校生も なぜ家出したのかは分からないが、 児童虐待のニュースが起こるたびに 「子供は親の持ち物じゃない」 とわめく勇者国民は 子供が家出した場合は 不良だとかレッテルを貼って叩くんだろうな!!!

 子供が親の持ち物でないと本当に思うのなら 子供は親の奴隷ではないので 少年の家出も 少年の権利として認めるべきである。

 子供が家出したり 深夜外出しただけで 非行少年のレッテルを貼り 場合によっては、 内申書を悪く書かれ  進学や就職 に不利になるような仕組みは本当におかしいよ

 いい加減に 馬鹿の一つ覚えのような 少年を非行のレッテルを貼り 少年と性的関係した成人を わいせつのレッテルを貼る 非現実的な 18禁規制 そろそろ 流れが変わってもいいはずだが、 変わらないどころか 年々 規制強化される一方である。

 やはり淫行条例こと 青少年条例 は 人を 公認のイジメの口実のための悪法でしかないのは 間違いないようだ

 この女性教師も惨いな  当然教師はクビになり、正義面した勇者国民に わいせつ教師のレッテルを貼られて イジメに遭うと思えば 本当に惨い

  まあ そんな大きな顔をして 人を正義の名のもと いじめる 世間体の 奴らこそ 地震に巻き込まれたり 病気に かかって お亡くなりになられていただきたいものだが


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。