FC2ブログ

かんきょうにやさしい偽善車

「グリーン税制」と言って2002年から「製造から13年を経過したガソリン車、製造から11年を経過したディーゼル車」は、10パーセント自動車税を増税してその反面新車で平成12年排ガス規制よりも大幅に排ガスを浄化出来ている新車には、自動車税を2年間減額されるという((旧車いじめ))とも言える改悪が施行されてしまった。
 僕の愛車のインテグラDAも恐らく今年から増税されるであろう。

 政府の言い分には、「環境保護にメリットがある」と言う。
確かに古い車は、最近のクルマに比べたら間違いなく排気ガスが汚いと思う。
 自動車というものは、便利で楽しいものであるが、環境に良くない。
ただ技術の進化によって自動車の排気ガスもある程度はきれいになったことは間違いない。
 自動車が最もかっこよかった1970年代につくられた自動車は、触媒「排気ガス浄化装置」すらなく排気ガスはそのまま垂れ流しであった。
 それにより大気汚染が社会問題になり自動車会社もいろいろ努力をして自動車のマフラーには触媒が取り付けられるようになった。
 
 古い車に増税をするのは、気分は良くないが確かに大気汚染は、無視出来ない問題だから触媒もついてない古い自動車なら仕方ないかとも思ったが、しかしこの「グリーン税制」は、決して環境保護のことなんか考えているなんてとても、思えない。
 なぜなら三元触媒付きの平成元年の自動車でも13年が経過しているという理由だけで無条件に増税。
 これはおかしいと思ったらお上が言うには、「13年を経過したクルマは触媒装置が劣化している」とのことだそうだが、だったら触媒を新品に換えたら済む話ではないか!!
 あともうひとつ一度僕はこのグリーン税制が気になり直接陸運事務所に聞いて見た。
 それによるとなんと古い車に最新のエンジン、触媒装置に換装した自動車であろうが全く関係なく増税されると聞かされた。 

 分かりやすく言えば1980年式のトヨタのスターレットに2006年式のトヨタのヴィッツのエンジン、触媒装置に載せ変えようが、全然関係なく増税されるということになる。
 ただ「無条件に11年落ちのガソリン車に増税ということなので古い自動車を天然ガス自動車に改造して公認車検を取得した場合は、増税対象にはならないらしい。」

 本当にふざけるなよ。おまえら!!と言いたい。
古いクルマに増税するのは、古いクルマのエンジンや触媒の排ガス浄化能力が劣るから増税してるんだろ!!
 それなのにエンジンや排ガス浄化装置を最新式の車のものに載せ変えても増税するということは、何か裏があるとしか思えない。
 
 例えば最近車があまり売れないと聞いたこともあるが、車が売れないから古い車を増税してどんどん新車に乗り換えて企業の利益を増やしたいというのが本音といわれても仕方ないと思う。

 フザケルナ!!汚いぞ!と思った。

 でも車が売れないと言う事は、いい事なのではないのだろうか?
なぜかと言えば古い車が長持ちしているということだからいちいち新しい車に乗り換えなくても良いということだから

 僕は古い車が長持ちするということは本当にいいことだと思う。
それに昔のクルマの方が今の太い車よりも断然かっこよかった。

あとそれからこの「グリーン税」という言い方もはっきり言って((癇に障る))

何がグリーンだ?と怒り狂いそうになる。
 それから最近の新しい新車はマスゴミなどで(環境にやさしい)とか言われてるけど僕はこの環境にやさしいという言葉が非常に不愉快だ。
 この環境にやさしいというスローガンはただのきれいごとにしか聞こえない。
 確かに最近の新車は、昔の古いクルマに比べたら排ガスがきれいになったことは事実だ。
 しかしだからと言って環境にやさしいはないだろう。
 
 はっきり言えば古いクルマであろうが21世紀につくられた新車であろうが、自動車の存在自体が環境にやさしくないと言えるだろう。
 
環境にやさしいだの環境保護という言葉はうぬぼれであるとしか思えない。
 地球の為ではなく人間の為が本音だから
 自動車メーカーも「環境にやさしいくるま」という宣伝はやめて「環境への負荷が少ない」と言い替えろと言いたい。
 まだこちらの方が不快感が少ない。
 
古いクルマを廃車にしてどんどん新しい車に乗り換えたら古いクルマのスクラップゴミが増えるだけではないか!!!
 こういえば「リサイクルさえすれば良いんだよ」と言う人もいるかもしれないが、リサイクルさえすれば良いのかと言いたい。
 リサイクルは環境にやさしいとは思えない。
リサイクルをするのにも物凄い資源やエネルギーを使う。

 他にも最近の自動車の排ガス浄化性能は本当に大したものだと思うが、最近の自動車の傾向として大半の自動車がモデルチェンジのたびに大型化している。
 Hondaのインテグラにしても現行のDC5インテグラになってから3ナンバーサイズに拡大されている。
 5ナンバーサイズで十分だったのに
 しかも最近のクルマは大型化により排気量も増え、車重も重くなっている。
 車重が軽い方がクルマの運動性能も良く燃費も良いのだが

 クルマが売れないからといって権力でスマートなカッコいい古いクルマを締め出させてまで最近の太くてダサい新しいクルマに乗り換えさせようと言う馬鹿役人には(怒り)しか感じない。
 

 旧車いじめともいえるグリーン税制をつくった馬鹿役人になんらかの不幸が訪れることを願っている。