スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統・文化って

 ネット右翼政府などの似非愛国者どもは、よく伝統・文化を大事にしろとかほざくけど、本気でそういっているのか疑問だ。

  伝統・文化を大事にしろとか言う割には、本当に伝統や文化を大事にしているのか分からない。

 例えば、愛国心憂国を強調している、連中でも日本語を大事にしていると思えない。

 何気にと言う言葉があるけど、これは本当は、何気なくだ。

 また漢字の言葉よりもやたら、カタカナ語を使いまくる。

 ネット用語は、殆どが カタカナばかりで、僕は何を言っているのか、分からないことが多すぎるので、どうしても分からなかったら 「??とは」などと検索して調べたりしている。

 連中の言う、伝統・文化はただのきれいごとにしか見えない。

 自分の好きなことだけに伝統・文化という立派な言葉を使っている。

 伝統・文化を大事にするのであれば、日本語を大事にしてもいいはずだが

 ネット右翼の勇者国民どもは、日本の伝統・文化を強調し、韓国 中国 北朝鮮などの国々の悪口を言う、僕もこれらの国々の政府は、大嫌いだけど

 中国をとことんまで叩くのに、なぜ漢字は、使っているのかよく分からない。
  日本の伝統・文化の大半は、中国が起源ではないだろうか?



 僕は、別に伝統・文化は、必ずしも死守すべきでもないと考えている。

 また、伝統・文化という言葉には、別の意味での怪しさも感じる。

似非愛国者の言う、伝統・文化は自分たちのいじめを正当化する口実にも使われていると思う。
  とにかく上の言うことに従うそれが伝統・文化なんだろう。

  今の世の中の風潮は、民主主義・平等・人権とかきれいごといいながら、自分と意見が違うと、寄ってたかって「袋叩き」にしてしまう。  これこそ学校の「いじめ」と質は同じではないか。  民主主義・自由・人権とかは表面的に言っているだけで結局「力の強い者」「大きな声を挙げた者」「数の多いもの」が勝ってしまう世の中になってしまった。

 マスゴミは大衆の立場に立っているというものの、実際は良識ある声なき国民を無視している。

 大変恐ろしい方向に今、日本は進んでいる。 このことに早く皆が気がついて欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。