スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共謀罪も忘れては、ならない

 労働契約法密室可決されるぐらいなのだから、あの 共謀罪も ゴタゴタに巻き込まれているうちに、 密室可決されてもおかしくないのでは? とふと思った。

 当然、自民党は、成立させたいことに、変わりはないことは、理解しているが、まさか今国会ではないだろう?と油断はしていた。

 やはり油断はできないらしい。

 <(引用開始)
定期購読のお申込みはこちらから
http://www.mag2.com/m/0000207996.html

13日火曜日に共謀罪の廃案を目指して院内集会を開きます。共謀
罪はもう成立しないのでは、という楽観論は禁物です。国会のゴタゴ
タとは別に、共謀罪は必要という与党の基本的な態度はまったく変
わっていません。院内集会では最新の状況をふくめて報告がありま
す。是非ともご参加ください。
(引用終了)

   ■共謀罪は、ネット右翼どもは、賛成している。
彼らは、共謀罪に反対する奴は、犯罪者だの、犯罪予備軍呼ばわりするけど、これは、戦前の戦争に反対する人を  非国民 呼ばわりするのに似ている。

   誰が対象とか言う問題ではなく、 会話を取り締まることはおかしいので自分はいずれにしろ反対である。

   本当、共謀罪に賛成する マゾ勇者国民の クビをノコギリで切断してやりたいほどの憎しみを感じる。

 人を非国民呼ばわりする奴には、のうのうと人生を楽しんで欲しくない。

あるいは、末期がんにかかって 吐血しながら 死んで欲しい。 

20070819184459.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。