FC2ブログ

安いクルマに金をかけることはもったいないとは思わない。

僕は、自動車関係の友達が欲しいと思う。
 僕の愛車は、インテグラDAだが同じDAインテグラに乗っている人の友達も出来たら面白いと思う。
 
 しかしいくら今はDAインテグラに乗っているからと言って理想の友達という保障はない。
 日本では毎年約500万台の自動車が廃車にされていると聞いたことがあるが、これが事実だとしたら非常に寂しいことである。
 日本人は自分の愛車を廃車にすることに対して抵抗感がない人が少なくないのではないだろうか?
 
 廃車にしようが、飽きたら新しいクルマに乗り換えたらいいという人が少なくないと思う。
 他にもたかが走行距離は10万キロ行っただけで廃車にする人もいるらしい?
 または、10万キロとは限らないが某走り屋雑誌の愛車の写真を掲載しているコーナーで「走行距離が増えたので廃車にします。」と言ってた人がいたけどこういう人はあまり好きになれない。
 
 僕の愛車DAインテグラは2006年現在走行距離98000キロを超えているが、当然10万キロ超えようが廃車にするつもりはない。
 20万キロ行こうが乗り続けたい。
 
 他にもエアコンが壊れて修理に17万かかるから旧型のシビックを廃車にします。という話を某掲示板で見たことがあるが、そういう人もあまり好きになれない。
 僕は、旧型のHONDAのシビックもなかなか好きだし旧のシビックフェリオも好きである。
 しかしいくら僕と同じで旧型のシビックやインテグラが好きな人であろうが、すぐに廃車にすることに対して抵抗感のない人はあまり好きではない。
 やってしまったことは仕方ないからもしそのような方が僕の文章を読んで一人でも考え方が少しでも変わって下されば幸いだと思う。
 しかしこれを書いている僕も過去に3代目プレリュードを所有していて壊して廃車にしてしまった苦い過去がある。
 2000年の8月まだ20代前半だった僕は3代目プレリュードを所有し始めた今思えば馬鹿なこともした。
 意味もなく空ぶかしをしたりホイールスピンもわざとやったりしてた。(今思い出したら恥ずかしくもなる。 )
 意味もなくエンジンにやさしくない空ぶかしをしたりして当時の僕はそれで事故満足をしてた。
 2001年の終わりごろからなにかエンジンに違和感を感じて来たが、それでもなんとか乗れた。
 2002年に入り明らかにエンジンの音がおかしいことが分かってきた。 ガララーンとも言える無理のある音に変わっていた。
 それでも走り続け2002年の2月エンジンが急に止まり国道33号線の路肩で立ち往生してしまった。
 仕方なく父親に連絡したら来てくれたが当然怒られてしまった。
 
 父親は怒りながらもブースターケーブルで父親のワゴン車とプレリュードのバッテリーをつないでくれたがエンジンはかからずこれはもう廃車にするしかないと言われた。
 僕としては直したかったけどそんな金はないので仕方なく父親の言うとおり廃車にすることにした。
 父親がJAFを呼んでくれて、プレリュードは連れて行かれ結局スクラップにされてしまったようだ。
 僕は自分のやったことを後悔して次愛車を手に入れたらもう馬鹿な無駄な空ぶかしなんかしないと心に決めた。
 それから僕にとって人生はなかなか上手く行かなかった。
仕事も上手く行かず作業が遅いということでいろんな会社を10日以内で何回もクビにされた。
 
 金は溜まらずいつになってもクルマを買う金など出来なかった。
2004年に入ってから四国を離れ愛知県で仕事を始めなんとか2004年の7月今の愛車DAインテグラを手に入れることが出来た。
 あと2ヶ月で買ってから2年になる。

 前置きは長くなったけど

本題に入ろう。

僕は安く買った車に多少金をかけることはもったいなくないと思う。
  例えば僕の愛車DAも今年の1月始めてスタッドレスタイヤを買い長野県や山梨県の雪山を独りでドライブしてきた。
 スタッドレスタイヤはなかなか役に立った。
 夏タイヤでは前に進まない雪道もスタッドレスタイヤだったら40キロ、60キロですいすいと行ける。
 しかし運転の練習をしてたつもりだったが、少し油断して壁にガツンと左フェンダーをぶつけてしまった。
 ウォッシャータンクも壊れてしまい水も出なくなってしまった。
エアコンまで壊れてしまった。
 これからもうすぐしたら夏が始まる寒さよりも暑がりの僕にとっては、これからの季節は試練になってしまう。
 
 しかしエアコンの修理にもし20万円かかると言われても廃車にするつもりはない。
 もしエアコンの修理に20万かかっても直して乗り続けることはもったいないと思わない。
  大半の人はエアコンの修理で20万もかかるぐらいなら廃車にして新しいの買った方がましと言うかもしれない。

 しかし僕の場合は考えが違う。
廃車にして新しい100万以上する新車を買うくらいなら20万払って古いクルマを長く乗り続けたほうがまし と思う。

 なぜなら20万出すことで一台のカッコいいクルマの快適性を取り戻すことが出来ると思うからだ。

 確かに修理で20万は決して安くなく高いと思う。
しかしそれでも一台のカッコいい車をそれだけの理由で廃車にしたら一台のカッコいいクルマが姿を消してしまうことだからそれは寂しい話だと思う。

しかし修理するくらいなら「買うた方がまし」とよく聞く。
 多分だけど例えば10万円のクルマを買って一回壊れて修理に20万円を出すのが馬鹿らしいと思っている人が少なくないような気がする。
 そうかな? 10万円で買ったクルマだから値打ち安っぽいとでも思ってるのだろう。
 しかしそんな安いクルマだって新車当時は、200万円を越えてたクルマだってある。
 3代目プレリュードにしても車体は10万円以内で売られてたとしても新車で発売されてた頃は、200万円を越えてたそうだ。
 クルマは安いといっても単なる人気の問題であろう。
反対に格好はよくてもガラクタ同然の実用車とはとても呼べない古いスポーツカーが100万円を超えてる場合もあるそうだ。
 値段が安いクルマにだってカッコいいクルマはある。

 僕が好きだったカッコいいクルマはどんどん台数が減っていき今の味気もなくただダサくて醜い太い現行車ばかりしか見られなくなることは考えたくもない。

 1997年式の軽自動車のHONDAのTODAYであろうが、NISSANの現行モデルのスカイライン(V35)やフェアレディZ(33)なんかよりも断然カッコいいと思う。
 しかも現行のフェアレディZ33はあんなにダサくて2人しか乗れないTODAYは2ドアでも4人乗れるし、迫力はなくても2人しか乗れないフェアレディZ33なんかよりは断然カッコいいしかわいいとも思う。 
 僕の場合2代目TODAYが壊れて修理に50万かかろうが、200万以上するダサくて醜くて2人しか乗れないZ33を買うより「経済的」だと思う。

 修理に20万かかっても一台のカッコいいクルマを廃車にするくらいなら20万で一台のカッコいいクルマを残す方がいいという考えに賛同してくれる人こそ自動車関係の友達にしたいと思う。
 (しかし日本の場合修理するよりも新しい物を買った方が金がかからない場合が多いのも事実だ。
これもなんとかならないかな? 修理を安くする出来ないのだろうか?)
 
 確かに事故でクルマが全損と呼べるほど原型が残らないほど大破してしまった場合は廃車もやむを得ないと思う。(欲を言えばそれ程大破してしまった車でも直して乗る人がもしいたら余計に憧れてしまうが)
{雑談だが湾岸ミッドナイトという漫画では主人公の悪魔のZが一回炎上して大破してしまうがあれほどまでにボロボロになってしまったフェアレディZまで復元修理してたのには漫画の話とは言え感激した。」

 原型が残らないほどに大破した場合は、廃車もやむを得ないとは思うけどたかが走行距離が10万キロ行った、エアコン修理に20万かかるから廃車にして別の同じ車を買うか新車に乗り換える人にはあまり関心はない。
 
 シビックフェリオに乗ってたが、エアコン修理に15万かかるから廃車にしてもう一度同じシビックフェリオを買うというのにも感心出来ない。 
 確かに僕と同じように旧のシビックフェリオが好きでもエアコン修理で15万かかるだけで一台の過去のクルマを廃車にするくらいなら15万かけて一台の過去のクルマを長く残して欲しいと思っている。

 僕がもし自動車関係の友達が欲しいにしてもDAインテグラ集いの会など過去のHONDA車オーナーズクラブなどチームや倶楽部などつくりたいとは思わない。
 せっかく同じ愛車のオーナーの集いをつくっても10万キロ行ったからというだけで廃車にされたのでは意味がない。
 僕はチームや倶楽部にはあまり感心はないが、もし自動車関係の友達で集うのなら

なるべく廃車にしたくない

あるいは、「廃車にすることに対して抵抗感を持つ人の集い
をつくりたいと思う。
 この場合は友達の愛車は日産の初代プリメーラでもダイハツの平成元年式のミラでもホンダの2代目TODAYでも構わない。
 不人気車でも構わない。
あるいは、トヨタのスターレットも構わないし