FC2ブログ

101パーセント以上の数値を口にする奴は信用出来ない

<大阪府知事選>タレントで弁護士の橋下徹氏が初当選

大阪府知事選は27日投開票され、無所属新人のタレントで弁護士、橋下(はしもと)徹氏(38)=自民府連推薦、公明府本部支持=が、元大阪大大学院教授、熊谷貞俊氏(63)=民主、社民、国民新党推薦▽弁護士、梅田章二氏(57)=共産推薦=ら4人を大差で破り、初当選した。橋下氏は、183万票を獲得し、得票率は53.5%と圧勝した。全国最年少の知事となる橋下氏は、若さと抜群の知名度で、大阪の再生に挑む。33年ぶりに国政の与野党3極の対決となった府知事選で、与党が推した橋下氏の完勝は、年内に予想される衆院選にも影響しそうだ。

 投票率は48.95%で、過去最低だった前回(40.49%)を上回った。

 橋下氏は当選後、「必要なものはやっていく。無駄な部分は省く。府民の声としてやり抜かなければならない」と述べた。

 橋下氏は1947年の知事公選制導入後では歴代3番目に若い知事で、30代の知事誕生は57年ぶり。現職の最年少知事は、高知県の尾崎正直知事(40)だった。また大阪府知事では、横山ノック氏に次ぐタレント出身者となる。得票数は横山氏の初当選時を約20万票上回った。

 橋下氏は「2万%ない」と否定しながら一転出馬した経緯や、核武装などテレビ番組での発言なども問題視された。

 争点となった関西経済の浮揚策や全国最悪の水準にある府財政の再建で、指導力が問われる。公約に掲げた出産・子育て支援策も注目される。

 3選を目指した太田房江知事が「政治とカネ」問題で出馬を断念。79年以来続いた共産対非共産の構図が崩れ、国政の与野党3極の対決になった。

 自民、公明は府レベルの推薦・支持にとどめた。一方で、自民は古賀誠選対委員長ら幹部が大阪入りし、水面下で関西財界に働きかけるなど党推薦と同等の態勢で支援した。

 熊谷氏は知名度不足のうえに太田知事との政策の類似点が目立ち、無党派層を取り込めなかった。民主は「衆院選の前哨戦」と位置づけ、小沢一郎代表らが応援に入り、昨年11月の大阪市長選に続く民主推薦候補の連勝を狙ったが、かなわなかった。梅田氏は大型事業の見直しなどを訴えたが、及ばなかった。【石川隆宣】


  ■大阪府民も去年の石原慎太郎なんかを勝たせやがった東京都民同様捨てたものだ!!!!

 100パーセントないと言ったことが間違っていたら嘘吐きだ。
まだ99パーセントなら分かる。 明日僕が死なない確立だって100パーセントではない。
 世の中、思ってもいないことが突然起こることがあるから、明日、死なない確立の人間で100パーセントの人はいない。
 せいぜい99パーセント、90パーセントというべきだろう。 それなら、ウソではない。

 橋本徹も 『大阪を子供が笑って暮らせる街に!』『子ども!子ども!』と、やたら“こども”を踏み台にしておのれをアピールしたがっているので、こいつも神奈川県の松沢や東京都の石原同様、18歳未満禁止の条例を改悪して罰則範囲を拡大して、18歳未満と関わった大人を簡単に、社会的に抹殺する権力の乱用をしないか心配だ。
  こども、こどもいうやつは、子供を守りたいという優しさよりも罰則欲や規制欲の側面が強いと言えるだろう。

   
  あと、自民党の甘利明には、怨念がこもるほど憎んでいる!!!!
 
 こいつは、高知県放射性廃棄物で汚染しようとした。
 
<gooニュース:放射性廃棄物は危険との誤解 東洋町長選結果に経産相(共同)
2007年4月24日(火)13:49
高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定調査に応募した高知県東洋町長選で、調査に反対する候補者が当選したことについて、甘利明経産相は24日の記者会見で、住民側に廃棄物が危険との誤解があったことが、調査に応募した田嶋裕起前町長の落選につながったとの考えを示した。甘利経産相は「誤解したまま賛否を諮ると、こういう結果が出る」「安全性は120パーセント確保されている」と述べた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今思い出しても、非常に怒りを感じる!!!!!!!
120パーセント?  これで被爆した人が一人でもいたら完全な嘘吐きになる。
  そんなに言うのなら、自宅に放射性廃棄物を置いても平気だろう!!!
 でも自民様がそんなことするわけがない。
たかだか 高知県のような田舎の奴らがどうなろうが、俺には、関係ないが本音であろう。

 四国に住んでいる者として、本当に自民党を消す必要性を実感する!!!!!

 自民党はなにからなににかけてまで最低な奴らだ。
 表現規制にかけても環境問題にかけても最低な奴らだ。

 それで愛国心の強制とか  
 国を愛する心を子供に押し付けるのだが、国を愛するとかほざきながら四国の田舎を放射性廃棄物で汚染しようと言うのだから、本当に嘘吐きな奴らである。
  日本を愛すると言っても、放射能で汚染することに抵抗がないということは、 政府や勇者国民「ネット右翼」が言う愛国心は  日本の国土を愛する愛国心ではなく 国「政府」を愛する 愛政府心意外の何者でもないということが分かった。
  国とは、何かと言えば政府をあらわすこともある。
国が建てた という言葉がある。 その国とは国の役人達である。
  実際に、建てたのは 土木作業員などの肉体労働者だけど