スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪と言うより法律に違反する行為 (犯罪に該当する項目) 

 犯罪とは何か? と言うことをもう一度一から考えて欲しい。

 犯罪とは
 法律に違反する行為  と言うこと

 国によって 何が犯罪(法律に違反する行為)なのかは、微妙に違ったり、 または、時代によって変わったりもする。

 昔は、法律に違反する行為にならなかった行為でも その後の 法律の改悪により 法律に違反する項目になってしまい 逮捕される場合もある。
  淫行条例などの 18歳未満と性行為して法律に違反する項目にならなかったことも  淫行条例などが出来て、法律に違反する行為と定義されるようになり、逮捕されるようになる場合もある。

 これは、  法律の改悪によって発生した逮捕者  と言うことも出来るし、 犯罪に該当する項目が増えたことによって 発生した逮捕者 と言うことも出来る。


 1945年8月以前の日本では、治安維持法により、戦争に反対することも 法律に違反する行為 だった。

 また、徴兵制度のある国では、戦争に行かないことも 法律に違反する行為 になる。
 
  犯罪と言う言葉よりも 法律に違反する行為 と言う言葉を使っていただきたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。