スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰もが?

僕は軽々しく「誰もが」という言葉を使う連中が嫌いである。

例えば「誰もが平和を望んでいます。」という言葉を聞いたことはあるけど、誰もが平和を望んでいたら今頃世界中のどこにも戦争なんか起こっていないはずだ。
 次に「誰もが犯罪なんか望んでいません。」という意見を某ブログで見たことがあるけど、誰もが犯罪なんか望んでいないのなら、今頃日本中のどの都道府県でも法律違反をする人なんかいるわけがないはずだ。
 僕も道路交通法違反と言う法律違反なら運転するときは日常的に罪悪感などなしにやっている。
 これを聞いたらマスコミや政府が悪と定義した人を叩くことを快感としている犯罪は許さない日本の勇者国民から正義のおことばが飛んできそうだが、僕はそういう聞き飽きた意見など聞きたくないのでこのブログは、苦情など受け付けない。
 お前らは、一回も法律違反したことないのか? 凄いね。あなたら勇者国民は
 片側3車線で見通しの良い直線道路なのに60キロ規制の道路もちゃんと60キロ以下の速度で走ってるんだ?僕にはまねできないね
 まあパトカーを見たりオービス「児童速度取り締まりカメラ」の前では仕方なくブレーキを踏んでいるけど

 誰もがということばを言うのは、たやすい

しかし誰もがという言葉でも確実に間違っていない場合もある。

例えば「誰もがいつかは死にます。」
 これには反論出来ない。
人間は、どんなにあがこうがいつかは死ぬ

もしいつの日か医療が進んで脊椎損傷しても手足が動かせるように医療が進んだとしてもどんなにあがいてもいつかは死ぬことに変わりはない。
 生きている者はどんなにあがいても遅かれ速かれいつかは死ぬ。

 死ぬのを遅らせることは出来ても死ぬことを永遠に止めることだけは出来ない。
 老化防止という言葉も軽々しく使われているが、老化防止が実現出来たら年齢が50になっても見た目が二十歳のままに出来るはずだ。
 
 今のところ老化防止なんていう技術は、実現していないと思う。

僕は、年をとるのは仕方ないけど老化はしたくないと思う。

こう聞くと年をとってしわだらけになっても身体が元気でいたいのだと思う人もいるかもしれないが、僕の言うことと違う。

年をとるということはしわだらけになったり、身体が衰えるという意味ではなく年齢が上がるという意味で言っている。
 例えば老化を遅らせる技術が進んで50歳になっても見た目が二十歳のままだったとしよう。
 この場合見た目も元気さも二十歳のままでも生まれてから50年経っていたら50歳ということに変わりはないと思うのが僕の意見だ。
 
 犬は人間の7倍の速さで年をとると聞いたことがあるけど、年のとり方「年齢の上がる速度」は人間も犬も一緒だと思う。
 犬であろうが、ウサギであろうが人間であろうが、一年経ったら一つ年齢が上がることに変わりはない。
 犬は人間より約7倍速く成長や老化をするものだと思う。

 まあ老化を遅らせることが出来るようになっても人間は遅かれ速かれいつか死ぬことに変わりはない。

「加筆修正予定」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。