スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現規制反対派の皆様へ 脅迫、過激な内容のメールだけは自重してください。

<■丸谷佳織のつぶやき日記
http://www.maruya-kaori.com/comm.html
■2008年2月12日(火)
東京は今日も雪混じりの雨で、なんだか春遠しというカンジですね。

さて、児童ポルノの見直しをHPに載せるともの凄い大量の反対メールを
いただくわけで、皆さんのITネットワークの広がりと絆の強さに敬服して
しまいます。

どんな政策よりも反応が大きいのが“児童ポルノ”ということは、
それだけ皆さんの児童ポルノの関心も強いということなのでしょう。
ご意見をいただけるというのは、議員にとって大変嬉しいことです。
本当にありがとうございます。
今後も皆さんのご意見をお寄せいただきたいのですが、
脅しや過激なメールだけはやめていただけないでしょうか?

PT(プロジェクトチーム)では子どもの人権をトッププライオリティー(最高順位)に
しているのは間違いありませんが、表現の自由や基本的人権を無視して議論を
しているわけではありません。
意見が違う点があっても、お互いを尊重するバランス感覚を大事にしたいと思うので、
どうか宜しくお願い致します。


  ■これはまずい。
確かに僕は、規制推進派どもが憎くてこのブログでは、合法虐め主義者への憎しみを言いたい放題主張しているのだが、さすがに 政治屋に抗議メールや抗議FAXを送るときは、一応敬語で書いている。
  
  奴らに不幸が訪れることは願っているけど、さすがに本人に抗議をする場合は、一応実名で感情論だけは、僕でも自重している。
  脅迫や過激な文「氏ねとかは禁句」だけは、絶対に自重すべき。
  
 規制反対派は、脅迫すると奴等が判断すれば、悪法反対に不利になってしまうので
規制反対派の皆様も政治屋に抗議するときだけは、脅迫文や過激な文は、絶対に自重していただきたい。
  こんなことをすれば、規制推進派の奴等は、ますます喜んでこちら(規制反対派)が不利になってしまう。

 初めて国会議員に葉書やらメールを送った2003年当時から、僕でも脅迫、過激な文だけは、送らなかった。

 追伸
後でふと思ったのだが、もしかしたら、これは規制推進派規制反対派を装って、反対派の印象を悪くするために工作員が工作活動もしているかもしれない?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。