スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日の報道

・インターネットによる児童ポルノの拡散に歯止めをかけるため、自民党は児童買春・
 児童ポルノ禁止法を改正し、厳罰化する方向で検討を始めた。第三者への販売や
 提供などが目的の場合のみが違法となる現行法を改め、目的にかかわらず原則として
 児童ポルノの所持そのものを禁止する。
 警察当局は取り締まりを強めているが、個人がネットなどを通じて集めた児童ポルノを
 載せたサイトが乱立しており、単純所持を禁じることで発信源を断つ必要があると
 判断した。

 児童ポルノは、ネットで複製した画像や動画が多数出回っており、これらは海外の
 サーバーを経由しているケースが多い。このため、発信源となっている所有者を
 摘発するのが難しいという。

 自民党は森山真弓元法相をトップにした小委員会を今年2月、法務部会に設置。
 どの程度の罰則を設けるかなどについて今後議論し、超党派の議員立法で今国会
 への改正案の提出を目指す。

 警察庁によると昨年1年間の同法違反事件のうち、児童ポルノ関連で立件されたのは
 567件(暫定値)に上り、5年前の3倍になった。

 こうした状況から日本が「児童ポルノ大国」という国内外の批判は根強い。主要8カ国
 (G8)中のほとんどはすでに単純所持を禁じている。

 単純所持をめぐっては、04年の法改正時にも与党が禁止条項の創設を検討した。
 しかし、たまたまダウンロードしたり、迷惑メールなどで一方的に送りつけられたりした
 場合も摘発対象となる可能性があり、「捜査権の乱用を招くおそれがある」との指摘が
 あった。「表現の自由を侵すことにつながる」という批判もあり、このときは創設が
 見送られた。

 森山元法相は「事態は深刻化しており、前回の改正時とは状況が違う」としている。
 ただ、プライバシーの侵害を懸念する意見も強く、小委員会では違法とする範囲を
 「収集の意思があった場合」などに限ることも含めて検討する。
 http://www.asahi.com/national/update/0304/OSK200803040051.html?ref=rss


 <小委員会では違法とする範囲を
 「収集の意思があった場合」などに限ることも含めて検討する。
 ■そんなのどうやって確認するんだ?

やはり取り締まる警察任せでしかないと考えられる。

  日本の警察は、無理にでも人を犯罪者に仕立て上げさせようとする奴が多い。
それに  何度も言うように 撮影自体が虐待という幻想の上に成り立っているこの悪法は、これ以上妥協すべきでない。

  <5年前の3倍?
  その間にコピーと製造行為全て(18歳未満の者が≪自分の≫写真を取っても違法!)が取り締まりの対象 になったんだか
ら増えて当然。

  
  <【事態は深刻化しており、前回の改正時とは状況が違う】
  次回もそう言って2次元規制を持ち出すこと間違いなし。  
事態を深刻化させてるのは手前らの方だ ボケ(怒)!!!!!!!

  こうしたことが予想される
数年後

  権力者( おかしいな 単純所持規制を違法化したはずなのに 性犯罪が減らない それどころか増えてる  やっぱり  まだ規制を拡大する必要がある。  そのために 児童を性の対象とする漫画、アニメも規制する必要がある。 )

  犯罪に該当する項目を増やせば犯罪が増えて当然。 従来は、犯罪ではなかったのだから。
規制の無限連鎖 は絶対に止めるべき。 国会の度に毎回、毎回 従来は合法だったことが 処罰対象とされるようになる  これは 悪循環 である。

 規制の  無限連鎖  悪循環 を止めるしかない。

だから今回の改悪も 対案と言って 何々に絞るとか妥協案を許さない必要がある。
  
 児童ポルノ法違反で検挙される殆どの例が 被害者なき犯罪といえる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。