FC2ブログ

カスラックに制裁の第一歩

<独禁法違反>公取委、JASRAC検査 音楽料金制度で
(毎日新聞 - 04月23日 15:11)


 テレビやラジオで使用する音楽の放送使用料を巡り、著作権を管理する社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC)が同業他社の新規参入や事業展開を困難にさせていた疑いが強まり、公正取引委員会は23日、独占禁止法違反(私的独占)の疑いで、東京都渋谷区の本部を立ち入り検査した。公取委の同協会への立ち入りは初めて。

 JASRACは1979年から、NHKや民放各局と「包括的利用許諾契約」を結んでいる。番組等で使用する個々の楽曲の使用料で契約するとチェックが煩雑になるため、この契約では実際に何回楽曲を放送したかではなく、放送事業収入(NHKは受信料収入)の1.5%を放送使用料として徴収する。

 公取委は、同業他社の管理する楽曲を使用すると放送局側は、JASRACに加えて追加支出が必要になるため、結果的にJASRAC以外が管理する音楽の使用が控えられ、市場からの排除につながっているとみている。

 著作権は従来、JASRACだけが管理していたが、規制緩和の一環で01年10月に著作権等管理事業法が施行され、文化庁に届け出れば新規参入できるようになった。現在、新規参入業者は「イーライセンス」(東京都港区)など7業者あるが、約264万6000件の音楽著作権物(06年度)のうちほとんどの約261万4000件をJASRACが管理。市場規模ベースでも約260億円のうち、JASRACが約99%のシェアを占める。

 JASRACのように市場への支配力を持つ事業者が、他事業者の事業活動を排除する行為は独禁法上「私的独占」として禁じられている。排除措置命令の対象となるほか、悪質な場合は刑事罰(個人は3年以下の懲役または500万円以下の罰金。法人は5億円以下の罰金)も定められている。【苅田伸宏】

 JASRAC広報部の話 全面的に協力しており結果を踏まえて対応を検討したい。

 【ことば】日本音楽著作権協会(JASRAC) 1939年設立。国内の作詞家、作曲家ら著作権者から著作権の管理委託契約を受けている社団法人で、テレビ局など放送のほか、演奏、ネット配信などの利用者から使用料を徴収し一定の手数料を取って著作権者に分配する。06年度は約1110億円を徴収し約1106億円を分配した。


 ■音楽ヤクザカスラックは、今まで一度も罰を受けずにのうのうと金を著作権の美名のもと やりたい放題してきやがった。
 ビートルズを生演奏しただけでスナック経営者が逮捕されたり
 裁判でも負けたことがなかった。
jasracの呆れた実態を書いたダイアモンド社の裁判でも残念ながら今年負けてしまった。
 
 もうこれだけの権力を持った団体は、合法的に制裁を加える方法はなく 我々はただ泣き寝入りするしかないのか?と落ち込んでいたが、こんなカスラックが不利になるような出来事は初めてだと思う。
  散々やりたい放題やってきた カスラック が痛い目に遭うことを願う。

まずは、一歩前進した。 カスラックもはよう潰れろや!!!!!! 


 ■このカスラックの歌はノリが良いのでipodで聴くこともある。