スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死語の世界はあるのか?

 最近僕は、死語の世界は本当にあるのか?ということをよく考えるようになり  霊は存在しないで検索していろいろなサイトや2chの古いスレッドを見たりもする。

  まだ 懐疑派ではあるけど  段々と死語の世界は 人間が作り出した幻想ではないのか? に近付くようになった。

 考えてみたら おかしなことが多い。

 なんで アメリカ人の語る死後の世界と日本人の語る死語の世界は違うのだろうか?

 アメリカにしろ 日本にしろ 同じ地球であることに変わりはない

死んだら 天国 地獄とか言うのも 所詮 生きている人間が作り出した  幻想に過ぎないのかもしれない?
  国によっても 宗教や価値観も違うから 信じたい死後の世界も違うんだろうね


  それでも 僕は 死後の世界や 霊魂の存在を完全にいないと断言するほどには至ってない

とはいえ それはただ僕自身が死を完全な終わりと認めたくない願いなだけかもしれないが

 幽霊とかはいて欲しいと思う。     個人的には霊の友達が欲しいと思っているし 例え一生生きている人間とは童貞で終わろうと 可愛い女の子の霊と 体験が出来たら幸せと思う

  しかし 自殺者が語る死語の世界 が言うような  自殺したら 地獄世界で 永遠に苦しむというのは 絶対にあって欲しくない

 もしこれが本当なら完全自殺マニュアルに書いてあった  散々な虐めに遭い 飛び降り自殺した 嘆きの天使の著者で 売れなかった漫画家  山田花子  はあまりにも惨すぎる!!!

  死後の世界の真相は僕には分からない あるのかもしれないし ないのかもしれない

地獄がなければ あって欲しい  

しかし  地獄界にいくぐらいなら 永遠の ノンレム睡眠状態で 完全に自分の意識がなくなったほうが遥かにまし

 喜びや嬉しさはないけど  悲しみや苦しみからも 永遠におさらばが出来る

 死後の世界や 心霊体験も所詮 人間の脳内の電気信号 だと考えると 少し 自殺する勇気が沸いてきた。

  ネット検閲が実施されて 僕のブログが 18歳未満に読ませないように 有害サイトと登録しないと  処罰されるような 法律が出来るぐらいなら 30代前半で自殺することも検討している。  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。