スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(児童ポルノ)という言葉を利用したネット検閲を自民は成立させたがっている!!!

ネットから児童ポルノ遮断、接続業者に義務化…与党改正案
5月2日3時8分配信 読売新聞


 インターネット上から児童ポルノを排除するため、自民、公明の与党プロジェクトチーム(PT)は、国内のネット利用者が児童ポルノサイトに接続できなくなる「ブロッキング」制度を、児童買春・児童ポルノ禁止法の改正案に盛り込むことを決めた。

 プロバイダー各社に対し、ネット利用者による児童ポルノサイトへの接続を遮断するよう努力義務を課す方向で最終調整に入っており、大手プロバイダーも導入に前向きの姿勢を示している。与党PTは連休明けにも同法改正案をまとめ、今国会中の成立を目指す。

 ネット上の特定サイトに接続を禁じる措置が法制化されれば国内初。

 ブロッキングは2004年以降、英国やスウェーデン、イタリアなどで導入され、ネット上からの児童ポルノの締め出しに効果をあげている。警察などが作った児童ポルノサイトの「ブラックリスト」をもとに、プロバイダーなどが専用ソフトを使って対象サイトへの接続を遮断する仕組みで、サイト開設者がプロバイダーから削除されないよう海外のサーバーを使っている場合も、利用者は閲覧ができなくなる。

 現行の児童買春・児童ポルノ禁止法は児童ポルノの売買や譲渡は処罰の対象としているものの、ネット上から児童ポルノをパソコンや携帯電話に取り込む「単純所持」は処罰されない。警察庁の委託を受けた団体が削除要請をしているが、強制力はなく、応じないケースも多い。

 与党PTは、同法改正案に単純所持に罰則を科す方針を打ち出していた。しかし、これだけでは単純所持の摘発対象者が多すぎて捜査が追い付かず、児童ポルノを見ようとする利用者も減らないため、与党PTは、サイトそのものを見られなくする措置が必要と判断した。改正案は、プロバイダーに努力義務を課す方向で調整している。与党PTは2日に大手2社の意見を聞くなど具体的な実施方法の検討に入る。

 ブラックリストは、憲法が保障する「表現の自由」に抵触しないよう児童ポルノサイトに限定する方針。

最終更新:5月2日3時8分



>与党PTは、同法改正案に単純所持に罰則を科す方針を打ち出していた。しかし、これだけでは単純所持の摘発対象者が多すぎて捜査が追い付かず、児童ポルノを見ようとする利用者も減らないため、

これは、単純所持規制が意味ないということを自白しているようなものだ。
  それに 摘発対象者が多すぎて操作が追いつかずということは、 逮捕者が激増することを見込んでいるのは確実だ。

目的は冤罪を増やす事とインターネットを検閲して 政府に都合の悪い情報を遮断することである。

  考えられることとして  18歳未満の衣服を着けてない画像の単純所持規制して 政府批判をする人に 18歳未満の衣服を着けてない写真を送り込んで  性犯罪者のレッテルを貼って 社会的に抹殺すること と

  児童ポルノ(18歳未満)そのものを見られないようにするというけど  ネット上で衣服を着けてない人の写真を発見した場合 どうやって年齢を特定するんだ!!!  一人一人身元確認するのか?  あるいは 人を取り締まる警察らが 18歳未満に見えると判断した画像は 遮断されてしまうのか?
  18歳以上でも 幼く見える人はいるし  中高生でも 大人と見間違う人がいるけど

もし外見だけで  18歳未満に見えると言うだけで  遮断されるのなら 年齢は関係なく とにかく18歳未満に見える画像の規制ということになる。
  事実 海外では ほしのあき が 児童ポルノ認定されたこともあるのだから  
   また、 この改悪が通ったとしても 当然連中は、これでおしまいにすることなど全然なく  次の改悪では更に範囲を拡げることは間違いない。


児童ポルノ法などという名前に騙されてはいけない。

 児童保護を 口実に  人を性犯罪者のレッテルを貼って社会的に抹殺し、  18歳未満に見える画像をネット上から遮断し、更にその規制が通ったからと言って それで おしまいにしてくれることなど全くなく 次は皿なら 規制範囲の拡大をするの繰り返し

  児童ポルノ法も 青少年ネット規制法と共通点があり  一つの規制が出来たら 次々と罰則範囲が拡がる危険性があるので   これも反対しなくてはならない!!!!

  
   また考えてみた。

  なぜ児童ポルノそのものを見えないようにしようかと

 これは、   児童ポルノ という一見反対しにくいような印象を使って  これに反対する奴はロリコンだと楽にレッテルを貼ることができることは 反対派の何割かは気付いていることだが

 青少年ネット規制法は 妥協案はあるにしても 現状の法律に対しては 反対派が多いから  もしかしたら今国会で成立は難しいので  そうだ児童ポルノを利用しよう   と自民らは思いついたのかもしれない。
  しかし実際は、遮断される画像は  18歳未満 に限らずに18歳未満に見える画像が遮断される可能性が非常に高い。
  警察が  一人一人 モデルの身元確認をするなどという面倒くさいことをやることはまずあり得ない。
   これは、 児童ポルノという言葉を利用した ネット検閲であるので  児童ポルノと言う言葉に騙されないで欲しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。