スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマが維持できなくなるときが来る!?

 自動車に興味のない人は読んでもつまらないと思うので読まないことをお勧めします。
  貯金も1万円を切り本当にクルマの維持すらやばくなった。

最悪の劣悪環境の期間工に行くしかない。

  今の自分は、何のために生きているのか考えてみた

自分は自動車が好きで  2001年のときから自動車関連の友達が欲しいと思い四国は、もちろん関東の峠道にも行ったことがある。 

  もし2003年1千万でも当たっていたら 全国の峠道に行き とりあえずある程度カッコいいクルマ、ある程度かわいいクルマに乗っている人と話すきっかけをつくって、数人ぐらいは自動車関連の友達が出来ていたはずである。  実際2001年愛媛県の某峠道でハチロク、シビック、の若者が僕に声をかけてくれたことがある。  その後なんどか 彼らを探しに行ったことがあるけど 再会することはなかった。  

  自分が2003年、2004年にやりたかったことは旧型自動車関連の友達をつくってある程度仲良くなったら  10万キロ超えたりエアコンが壊れて修理に15万かかるというだけで廃車にするようなことはしないで欲しい と説得をしてもし説得に応じてくれたら 理想の自動車関連の友達が出来ていたことになるが  相変わらず古いクルマは段々と台数が減る一方。

  それに近年では、阿呆みたいに ガソリンが値上げし過ぎ!!!  もはや スポーツカー 復活と言っていられる状況ではなくなった。

  自動車を所有すること自体が大変な時代になりつつある。

 2003年、2004年に実現させたかった 自動車関連の友達をつくる夢だったが、 近年は、段々と峠道にスポーツカーが集まることもなくなり  2001年当時 愛媛県の峠道を走っていた人も今では当時乗っていたスポーツカーを手放している可能性は充分にある。  もちろん廃車にされてしまっている恐れも

  自分は、30代までは、自動車を所有し続けたいと思うが 段々と自動車を持つこと自体が厳しくなってしまっている。

  今の愛車を維持できなくなったとき 僕は、誰か大事に乗ってくれる人に譲りたいと思う。  ひきとってくれる人がいたら感謝する。   しかしそんな友達はいないし  中古店に下取りに出したとしても こんなエアコンの壊れたボロイマイナー車は 解体屋送りにされる恐れもある。

  もちろん愛車をスクラップにはしたくないが今の古いクルマを簡単に廃車にする社会を変えるのは、非常に難しい。   

  今の愛車を維持できなくなったとき いきなり解体屋に持っていく前になるべく引き取ってくれそうな中古店に行くつもりではあるけど  その中古店に引き取ってもらった後解体屋送りにされたとしても こればかりは諦めるしかないだろう。

  自分がクルマを手放すときが来るとすれば それは、 エアコンが壊れて修理に金がかかるからとか10万キロ超えたからというくだらない理由ではなく 自動車そのものを維持できなくなったときを意味する。  

例え5万で買った今の太い自動車にはないカッコよさを持つ旧型シビックに修理で15万かかろうが今のうるさい衝突安全基準の下では合法的につくれないスマートな旧型シビックを潰して今のカッコよくもない新型フィットを買うぐらいなら、シビックを修理して長く乗り続けた方がマシと言う考えである。

  逆に  常に、まだまだ使える旧型自動車をどんどん廃車にし続けてでも新車を売り続けなければならない と言う考えの方がおかしい。

  2050年は江戸時代 のような社会を参考にする必要がある。

捨てるほど作らなくてもいいのに

  今、僕の生きる目的は 滅び行く世紀 というストーリーをつくって ネットで公開してこのブログの視聴者に見ていただくことである。

  もちろん ゲームもつくりたいけど 僕は頭が非常に固いので 自分の能力を活かすことが出来ない。  多分僕にも潜在能力があると思うんだけど 昔から呆れるほど頭が固くて 自分の能力が生かせないのが非常に悔しい!!!  

 絵が上手くならないのも ギターが上手くならないのも どこかで自分で無駄なブレーキをかけているような気がしてならない。

  なぜ あまりにも 僕は上達が悪すぎるのであるのか? それが悔しい!!  もちろん いろんな不安や心配事 もちろん 表現規制の心配にとらわれているのだろうけど


   ということで  自動車関連の友達をつくるのは諦めようと思う  

  もちろん出来たら嬉しいのは、変わらない。

  スターレットやトゥデイ、旧型キャロルのようにある程度カッコいい、ある程度可愛いクルマが好きで修理代が購入費用を上回るというしょうもない理由で廃車にすることに異議を唱える人がまだいたとしたら それは嬉しいのだけど

  ただ、最後にどうしても北海道は自分の愛車でドライブして車載カメラに動画として残したい。
クルマを手放すときが来たとしても 思い出は残したい。
  そのために 100万円を稼ぐために やりたくない自動車製造の仕事を再び始めようと思う。
  かつては夏の北海道よりも冬の北海道をマイカーで走りたいと思ったけど 北海道の雪は四国の梼原の雪とは全然量が違うと思うので 南国育ちの僕には手に負えないかもしれない。  冬の北海道はレンタカーでドライブして  夏の緑の北海道を一度はマイカーでドライブしたいと思うようになった。
  
 ニコニコ動画で車載動画を投稿してくれることはありがたいと思う。  僕のような北海道に行ったことのない人間でも北海道を見ることが出来るから。  ただ 映像が途切れ途切れなのは残念に思う。 もちろん投稿してくれるだけでもありがたいんだけど
  
 期間工が決まったとしたら今年の盆休みは四国に帰省せずに北海道にドライブに行くかもしれない?
  


CGムービー、音楽を1曲残しインターネットで公開することが今の僕の生きる意味である。

 2003年、2004年実現させたかったけど出来なかったクルマ関連の友達をつくるという妄想もCGで表現したいと思う。

 簡単に廃車にする社会を僕独りの力で変えるなんてとても出来ない!!!

スポーツカーはもちろん 、公道を飛ばす人の存在も自動車がある限りは0になって欲しくないと思う。
  僕自身は、交通事故が恐いのでルーレット族のような行為を実行する気はないにしても

  スポーツカーも走り屋もゼロになるとき 森林保護のために 自動車の通る道路そのものがつくられなくなった時代あるいは、道路のメンテナンスが終わった時代が来たとして  そのときばかりは スポーツカーも走り屋が消えるのも気持ち的には寂しいけどこればかりはまだ諦めが付く。
 

  

  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。