スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子に乗りすぎ権力 ダガーに限らず両刃の刃物は全て必殺の(単純所持規制)に

ダガーナイフ所持禁止へ…46年ぶり刀剣類規定を見直し
7月17日11時11分配信 読売新聞

 通行人ら17人が死傷した東京・秋葉原の無差別殺傷事件を受け、警察庁は17日、銃刀法を改正し、ダガーナイフなど殺傷能力が高い両刃の刃物の所持を禁止する方針を明らかにした。

 無許可所持を禁じる同法の「刀剣類」に分類し、事実上、国内では入手できなくする。

 刀剣類の規定が見直されるのは1962年以来、46年ぶり。同庁は、同法改正案を8月下旬にも召集される臨時国会に提出する。

 現行の銃刀法は、刃渡り15センチ以上の刀、剣、やり、なぎなたのほか、あいくちと飛び出しナイフの一部を「刀剣類」と規定し、所持を禁止している。自宅で保管しても、無許可の場合は3年以下の懲役か50万円以下の罰金が科される。

 秋葉原の事件で使われたダガーナイフは刃渡りが13センチだったため、刀剣類には含まれない。刃渡りが6センチを超える「刃物」にあたり、正当な理由なく持ち歩けば罰せられるが、だれでも入手可能だった。

 ダガーナイフなど両刃の刃物は、包丁などの片刃に比べ深く刺さりやすく、同庁は秋葉原の事件で多数の死傷者が出たのは凶器が両刃だったことも一因と見て、規制を検討してきた。

 投てき用のスローイングナイフや、海中で使うダイバーナイフの一部にも両刃のものがあるが、片刃のものと代用も可能で、同庁は「社会的有用性は低い」と判断、両刃の場合は15センチ未満でも所持を禁じることにした。

 すでに流通している刃物については今後、所有者に手放すよう呼びかける。

 片刃のサバイバルナイフにも高い殺傷能力のタイプはあるが、キャンプ用などの目的があり、対象を絞るのが難しいことから、当面は規制を見送る。

 また、今回の改正では、昨年12月に長崎県佐世保市のスポーツクラブで起きた散弾銃乱射事件を受け、猟銃所持の許可要件も28年ぶりに大幅に見直される。新たにストーカー行為や配偶者への暴力、自殺の恐れ、破産を加え、許可条件を厳格化する。


  ■両刃の刃物は所持しているだけで人殺し予備軍のレッテルを貼って牢獄送りに
しかもダガーに限らずスローイングやダイバーの両刃の刃物でも

所有者に手放すよう呼びかけると言うけど実際はそんな生易しいものではなく過去に両刃の刃物を購入した人を購入者リストから割り出して 人殺し予備軍の容疑をかけて強制捜査することも考えられる。

 しかも片刃のサバイバルナイフまで当面は見送るということは将来的には規制する可能性大。
将来は治安維持のために キャンプのためにナイフを持つことすら許されない社会になりかねない

 この国ではそのうち キャンプで薪をナイフで切ることも出来ない息苦しい世の中になる可能性大。

この刃物規制も 児童ポルノ規制に共通するものがある

 また刃物が好きなナイフコレクターなどを 人格破綻者のレッテルを貼る暴力も オタク差別や同性愛者差別に似ているものがある。

  仕事前なので いずれこの記事も修正する予定。

長い間政治的な話題のブログ更新をさぼってすまなかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。