スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすが現実の暴力は肯定するくせに架空の戦争ゲームで投獄する気違い政府らしい判決である!!!  被害者なき犯罪で終身刑は異常に重すぎる!!!!!

ドイツの人食い事件、最高裁で終身刑の判決
(ロイター - 10月26日 16:43)

日記を読む(775)日記を書く

 [カールスルーエ(ドイツ) 24日 ロイター] ドイツの最高裁である連邦憲法裁判所は24日、「自分の人生を痕跡なく抹消してほしい」とした被害者を殺害し食べた男に対し、下級裁の判決を支持し終身刑を言い渡した。



 被告の男は2001年、インターネット上の掲示板を通じて被害者と接触。被害者の性器を切断して2人で食べようとする様子や、その後意識をなくした被害者を殺害する様子をビデオに収めていた。被告は後に、冷凍保存していた被害者の遺体の一部をキャベツやジャガイモと一緒に食べたとされる。



 2006年の公判では、被害者の希望に沿った行為とする弁護側の主張に対し、被告は精神病を病んでいたものの自らの行為を完全に認識していたとの判断がなされていた。


  ■なんで無理やり殺して食べた訳でもないのに終身刑にするんぞ!!! 調子に乗るな!!!!
  ドイツ政府 さすが架空の暴力ゲームを楽しんだだけで牢獄送りにするくせに現実の戦争の徴兵制度を肯定する ドイツ政府らしい判決だな!!!!
  
 ドイツ政府は、現実の暴力「現実の戦争」は肯定するくせに架空世界の戦争ゲームを楽しんだだけで投獄する気違いの暴力政府である!!!!!!!!

  18歳未満の意思は完全に無視されたまま、勝手に被害者扱いする淫行条例や児童ポルノ法と不治の病で苦しんでいる患者の自殺を助けただけで殺人罪や自殺ほう助罪で逮捕するのも質的に似ている

 淫行条例と自殺ほう助罪も被害者なき犯罪である!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。